蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

クレステッドゲッコーの紹介

f:id:hebilist:20190818130751j:plain

9連休はどこにも行かず、ひたすらお仕事のベストプラクティスを追及していたストイックな蛇使いです。

本日は我が家に来た二匹のクレステッドゲッコーの紹介をします。

 

クレステッドゲッコー、以下「クレス」は、飼育環境がコーンやレオパのようになんでもいいわけではありません。写真のように、ガラス製で縦長のケージが必要です。

写真のケージは、「エキゾテラ グラステラリウム 3045」というケージで、7000円ほどで購入可能です。アダルトサイズになってもこのケージで飼い続けられるらしいので、初めてコーンを買い、ケージをあれこれ買い替えるよりは逆に安くなるかもしれませんね!

 

では生体の紹介です。

ラスティ

f:id:hebilist:20190818131729j:plain

7月6日にお迎えした♀(多分)のラスティです。モルフはレッドで、お迎え時は5g、↑の現在は15gあります。

 

 

ラスティは体色の変化が激しいです。

お迎えして家に来た時が↓

f:id:hebilist:20190818132234j:plain

なんと、赤色が抜けてしまってますね。今でもケージの外に出すと、だんだんこの色に変化していきます。

 

 

しかしケージに戻すと、また赤みを帯びて錆びた色(ラスティ)に戻っていきます。

f:id:hebilist:20190818132537j:plain



 

サニー

f:id:hebilist:20190818132840j:plain

2匹目は7月21日にお迎えした性別不明のサニーです。モルフはオレンジタイガーでしょうか?わかりません。お迎え時は4g、↑でようやく7gになりました。一応食べるのですが、ラスティとは違いあまり体重がつきません。

 

f:id:hebilist:20190818133339j:plain

お迎え時の写真ですが、サニーは色の変化もほとんど無く常にこの色をしています。

 

 

f:id:hebilist:20190818133550j:plain

 

 

ハンドリング

クレスのハンドリングは、手から手に飛んでいきますので、レオパよりも楽しいかもしれません。

f:id:hebilist:20190818140746j:plain

 

 

f:id:hebilist:20190818140816j:plain

しっかりつかまります。

 

 

f:id:hebilist:20190818140857j:plain

赤ちゃんのようですね。

 

 

f:id:hebilist:20190818141020j:plain

餌はコオロギの他に、レパシーとゼリーとバナナを混ぜて与えています。

ラスティは大きくなったのでコオロギは控えめに、サニーは大きくするためにコオロギを毎日与えています。

 

 

さいごに

壁に引っ付く系、樹上性のヤモリもかなり癒やされます。レオパ意外にもヤモリを飼いたくなったら、クレスを飼うのもいいのではないでしょうか?

紫外線やホットスポットのライトもいらないため、スペースをクリアするだけです。