蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

コーンスネーク - 蛇を飼ってよかったこと

f:id:hebilist:20180811085509j:plain

お盆は5連休ではない蛇使いです。社畜かな?

今回はコーンスネーク、蛇を飼ってよかったことを書きます。

 

蛇を飼い出した理由

王道ではないペット、蛇をなぜ飼いだしたのか?まずペットを飼う上で手間が掛からないことが条件でした。

何かいいのがいないか考えていた頃、相方が蛇はどうかと言ってきました。「蛇?Pythonや!」Pythonというプログラム言語があるのですが、7年前からPythonを始めた私にとって、蛇は結構ストライクでした。蛇の中で初心者向け、噛まれてもあまり痛くない種類、それがコーンスネークで、コーンスネークを飼うことに。「Pythonエンジニアならボールパイソンとかとにかくパイソン系を飼え!」と思われるかもしれませんが、パイソン系は噛まれると痛いようなので却下!Mではないのですよ。

 

蛇を飼ってよかったこと

癒やし

では本題の、蛇を飼ってよかったことですが、まずは「癒やされる」ですね。可愛い顔のコーンスネークは癒やしてくれます。ストレスの多いエンジニアにはペットを飼うことは結構いいことかもしれません。まぁ他のペットでも癒やしてくれますが、手間が掛からない蛇なら、ブラック企業に勤める時間のない独身エンジニアにもいいかもしれません。

 

話題

次に、蛇を飼っていることを話題にしてもらえることが多いです。蛇を飼っていることを会社の飲み会で話したところ、普段喫煙所や何気ない話しをする時のネタに、蛇で話しを振ってくれたりします。話題がない時や何を話したらいいか迷った時、あまり普段話さなく気を使う仲だったりする場合に丁度良いネタになってくれています。

これがもし猫とかだったら、多分そうはなってないと思います。

私は普段無口なので、これは結構ありがたいです。昔から無口だったのかは覚えていませんが、大学生の頃、1人で黙々とプログラムの勉強を始めたぐらいから、あまり喋らなくなった気がします。それでも20代はクラブとか行って知らない人と話すのは好きだったのですが、今はもう他の女性を見ても、ただの動く塊にしか見えず興味なしになってしました(笑)

普段会社でどんな話しをしているかというと、私は技術系の話しぐらいしかついていけません。サッカーや野球など、スポーツは格闘技系しか興味がないので、話しについていけません。会社ではほぼ仮想通貨をしている人はおらず、全然話題になりません。最近はみんな結婚しているので、女性関係の話は減ったように思いますが、女性関係の話しはもう興味がありません。そんな感じなので1人黙っていると、蛇の話題を振ってくれます(笑)

 

趣味

 そして、やはり一番は趣味ができたことです。蛇を飼うことが趣味になりました。蛇を飼って、遺伝子の勉強をしたり、未来を見て色々考えることが楽しいです。ずっと続いていくものにしか興味がないので、実際やるかわからないですが、コーンスネークの繁殖を考えることは面白いです。

 昔から無趣味だったので、ようやく趣味ができてよかったです。カラオケは結構好きでしたが最近は全然行かなくなり、クラブも全く行かなくなりました。週末は2人でちょこっとでかけるぐらいで、それも最近は少なめに。

プログラムだけは仕事と直結しているので、休みの日も勉強したり趣味の1つです。 

仮想通貨は蛇を飼いだした後に始めましたが、仮想通貨も趣味の1つです。

仮想通貨が全然上がってくれないので、蛇に癒やしてもらうしかありません。

 

 その他

 他にも蛇を飼ってよかったことはあります。それはコンテンツができました。Twitterとかに蛇の画像をアップするだけで「よいね」してもらえます。下手に文章を書くよりも、簡単にコンテンツとして使えます。「こういう人間はダメだ!」などと文章でグループ否定などして、宗教戦争、全く関係のない人間まで不愉快にするより全然いいです。

 

 

最後に

蛇を飼うと意外とメリットもありましたね。

では先週お迎えしたグレイシャーの御門です。お迎え翌日にちゃんとピンクマウスSを食べました。2日に1回ピンクマウスSを順調に食べています。

なかなか落ち着いていて優秀です。

f:id:hebilist:20180811104102j:plain