蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

コーンスネーク - グレイシャー御門(みかど)の紹介と繁殖計画

f:id:hebilist:20180805102123j:plain

色々なプロジェクトにアサインされて行く蛇使いです。一番地獄のプロジェクトがとりあえず完了しひと段落したので、ご褒美にグレイシャーを迎えることにしました。

 

コーンスネークを最後に迎えたのは、2017年の12月のイベントです。今年はレオパもデビューしたので、コーンはよっぽど欲しいモルフでないと迎えない予定でしたが、たまたま欲しかったモルフ、グレイシャーをショップで見つけたので迎えることにしました。

 

御門(みかど)

記事TOPの画像がグレイシャーの御門(みかど)♂です。スノーに近い感じですが、ラベンダーの血が入っているので、少し紫が入っているような色に思えます。

 

ではスノーの麻呂羽が小さかった時の写真と比べてみましょう!

 

↓グレイシャー御門の画像

f:id:hebilist:20180805100307j:plain

↓スノー麻呂羽の画像

f:id:hebilist:20170912161742j:plain

 

スノーの麻呂羽の場合は、白っぽさとピンクが目立つと思いますが、グレイシャーの御門は、紫ピンク色に見える気がします。

 

ちなみにグレイシャーの値段は、普通のスノーの4倍ぐらいです。なぜそんな高いグレイシャーをお迎えしたかは、繁殖計画のところで。

 

Twitterには25cm4gと書きましたが、25cm5gでした。5gあって少しほっとしています。時雨をお迎えした時は、20cm5gぐらいでした。

 

時雨の時もそうだったのですが、まだ餌を与えていないので、このサイズの場合だとちゃんと餌を飲み込めるのか?という不安があります。

 

 お迎えしたての御門がどれぐらい小さいかと言うと、↓の画像をご覧ください。

f:id:hebilist:20180805103514j:plain

 手前にいる赤いのは、300g手前のアメラニ神楽です。900gまでなる予定で、現在はまだその1/3ですが、それと比べるとこんな感じです。御門は来てからずっとひょっこりはんになっています(笑)

 

 

 繁殖計画変更!

 家には2匹のオスと6匹のメスがいました。メスのうち2匹は繁殖する予定でしたが、4匹は繁殖させない予定でした。

繁殖させない予定だった4匹は、

琥珀 バター

神楽 アメラニ

黒夢 アネリhetアメラニ・ハイポ

紅麗 アネリリーバスストライプhetアメラニ・ハイポ

です。

この4匹を繁殖させるとなると、スノーの麻呂羽をつけた場合、琥珀と神楽はヘテロで何を持っているか全くわからないので、アメラニしか生まれない可能性があります。

アマレットの紫苑をつけた場合、ヘテロでラベンダーを持っていたとしても、ノーマルが生まれてしまいます。

 

しかしグレイシャーの御門が来た今、この4匹に御門をつけると、

琥珀 アメラニhetアネリ・キャラメル・ラベンダー

神楽 アメラニhetアネリ・ラベンダー

黒夢と紅麗 アネリhetアメラニ・ラベンダー スノーhetラベンダー 他にハイポもヘテロで持つ可能性あり。

 

ノーマルは生まれず、必ずラベンダーをヘテロで持たせることができます。

もしも琥珀と神楽がヘテロでラベンダーを持っていたら、オパールが生まれる可能性もあります。

 

 ラベンダー系で行きたかったので、グレイシャーのおかげで、全てにラベンダーを持たせてノーマルは作らないということができるようになりました。

 

実際繁殖をさせるかはわかりませんが、繁殖をさせようと思った時、すぐに繁殖させられる体制を今から用意しています。メスが大きくなってから繁殖を考えていては、オスが繁殖できるようになる2年を待たないといけません。

アダルトのオスを迎えればいいと言われるかもしれませんが、ベビーから一生懸命育てた子達だけでやりたいのです。

 

 

最後に

 コーンスネークをお迎えするのは、今年はもうないと思います。2~3年後にまたグレイシャーあたりを迎えるかもしれません。

 今は御門が無事育つよう頑張ります。