蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

夏と言えば蛇でしょ!コーンスネークを1年間飼って初心者から初級者へ

f:id:hebilist:20180728092636j:plain

最近またTwitterに蛇たちの画像をアップしている蛇使いです。1月~6月はひたすら育つのを見ているだけで、7月ぐらいから今年生まれのベビー達が売られだすので、夏から蛇界隈が盛り上がるのだと思います。

 

去年の7月からコーンスネークのベビーを飼い始めて、1年ほどたちました。上の画像の子たちは下の画像のように育ちました。

f:id:hebilist:20180728092727j:plain

前にも生後一年での体重を書きましたが、今回は家に来てから1年でどれぐらいになったか。

 

右の琥珀は230グラムに、左の神楽は285グラムになりました。

そして私もコーンスネーク歴1年になり、初心者マークが外れて初級者へと昇進しました。

初級者になった現在のスキルは

  • ポッピングが楽々行える
  • 強制給餌ができる
  • ある程度血統を把握している
  • 脱皮の手伝いができる
  • う○ちを半分に切った紙コップの上でさせられる
  • 家の中でどこかに行っても、すぐ見つけられる

これぐらいです。

まだ蛇に芸をさせることはできません。まさかこいつら芸を覚えないのでは?(笑)

 

でもようやく、少しだけ芸を覚え始めたかもしれません。

「逮捕!」と言うと、

f:id:hebilist:20180728102240j:plain

手首を拘束するようになりました。 

 

 

麻呂羽

ちなみに「逮捕」を覚えかけの麻呂羽は、9月2日で家にきて1年になります。ついでに紹介しておきます。

f:id:hebilist:20180728102609j:plain

スノーの麻呂羽(♂)です。現在の体重は211グラム。あと1ヶ月で神楽ぐらいになれるか?どうでしょう。生後二十日ぐらいの子をお迎えしました。

麻呂羽はオスなので、長さはもしかすると神楽より既に長いかもしれません。細長い体系です。

発情時期にケージに鼻をこすりつけて、鼻の鱗がどうやら取れてしまったようです。

冬は食べない時期があったり、発情時期も食べない時があって、順調な時は順調なのですが、たまにダメになる期間がある子です。

ハンドリングは全然しやすく、普段は優秀です。

 

何系で行くよ?

これから初めてコーンスネークを飼う人は、飼う前に本を買って血統を見ておいた方がいいと思います。 

もしも繁殖させるなら、何系で行くか絞っておかないと繁殖を考えた時に後悔しそうです。

私の場合は、バター♀、アメラニ♀、スノー♂、スノーストライプ♀、アマレット♂、アネリ♀、ラベンダー♀、アネリストライプ♀という風に揃えました。

スノーを買ってから、スノー系で行こうと思いましたが、だんだんラベンダーがよくなり、ラベンダー系で行こうと思った時には既に遅し!

スノーはスノーストライプとつけてスノーを作るとして、アマレットはラベンダーと、他4匹の♀は?その4匹からラベンダー系を生ませるには、とりあえずF1ではアメラニになってしまいます。ヘテロでラベンダーを持ってる可能性は低そうなので。

 

 見た目だけの問題であって、ペットとしてはそれほど重要なところではないですが、何系で行くかはじっくり考えたほうがいいと思います。

この反省を生かして、レオパではレインウォーター系で統一するようにします。

 

 

 

最後に

今年はコーンスネークを買うかわかりませんが、これからコーンのベビーがたくさん売られるので、楽しみな時期がやってきました。皆さんも素敵なベビーをお迎えできるといいですね。