蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

コーンスネーク - 拒食の蛇が食べるようになるまで

f:id:hebilist:20180706103657j:plain

脳みそをボロ雑巾のように使われている蛇使いです。今日は大雨により電車が動かず、自宅待機になったので、家で仕事の調査をする前にブログを書きます。

 

我が家にいる蛇のうち、一匹だけ拒食な子がいます。その名は黒夢(くろむ)♀

黒夢はイベントで格安で売られており、拒食ということは知らされずお迎えしました。黒夢のお迎えNoは5になります。それまでの4匹は普通に餌を食べていたので、餌を食べない子は初めてでした。

 

強制するタイミング

お迎えして5日ほどたっても、一度も餌を食べなかったため、思い切って強制給餌に踏み切りました。強制をするかの判断ですが、なるべく体力がある早い段階の方が私はいいと思います。それまで強制をしたことがなかったですが、意外とすんなりできました。

 

強制頻度

強制の頻度は、1週間に1回というのをどこかで見た記憶がありましたが、家ではピンクマウスSを2日に1回強制で与えていました。良いのか悪いのかはわかりません。それでもあまり体重が増えませんでした。

 

強制からアシストヘ

2017年10月からずっと強制を続けてきましたが、2018年4月中旬から、強制ではなく、マウスの頭だけを口に入れるアシストで食べるようになりました。強制からアシストになるとだいぶ楽になっていました。

 

アシストから自分で食べるように

そして2018年7月1日、アシストのため黒夢もケージから出していた時、強制・アシスト用のピンセットの先を黒夢がペロペロしていました。それを見た時、今日はもしかしたら食べるかもと少し期待していました。

そして餌をキッチンペーパーの上に置いて黒夢を近づけてみることに

f:id:hebilist:20180706110828j:plain

  • キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

期待していたとおり、初めて黒夢が餌に興味を持ち、自らマウスにかぶりつきました。

SとMの両方を自分で食べ、得意げに口をこすりつけ直していました。

 

継続

拒食の蛇が気まぐれ?たまたま餌を食べ、また食べないということは良く聞きます。

そして7月3日、果たしてこのまま食べ続けてくれるのか・・・。

でもそんな心配は初めからしていませんでした。もう食べ続けるだろうと。

 

7月3日の給餌

f:id:hebilist:20180706111556j:plain

 

 

この日はピンクマウスMを一匹だけ。

やはり興味がある!

 

 

f:id:hebilist:20180706111658j:plain

 

 

ソフトにかぶりつき、ポジションを変えて

 

 

f:id:hebilist:20180706111804j:plain

 

また食べた!

2回も自力で食べたので、もう安心しました。

 

 

そして7月5日

ピンセットから食べるか試しましたが、高い位置や少しでも動いていると、怖がって食いつきませんでした。

置き餌にすると

 

f:id:hebilist:20180706112112j:plain

 

動いていない。大丈夫だ。

 

 

f:id:hebilist:20180706112202j:plain

 

 

 

今日は足から行こうかな~。

 

 

 

f:id:hebilist:20180706112252j:plain

 

 

まずクビを仕留める!

 

 

f:id:hebilist:20180706112328j:plain

 

 

ポジションを変えて、やはり頭から。

 

 

黒夢にありがとう

黒夢が自力で食べるようになって、とても楽になりました。

強制・アシストは、自力で食べてくれるよりは時間が掛かり大変でしたが、これから先、コーンスネークを繁殖させ拒食のベビーがいた時、この経験はかなり役に立ちそうです。コーンスネークを飼いだして初心者だった私たちに、黒夢は良い経験をさせてくれたのです。

そして、ちゃんと自力で食べてくれるようになって、黒夢ありがとう!

 

まとめ

強制期間:7ヶ月半

アシスト期間:1ヶ月半

自力給餌まで:9ヶ月