蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

コーンスネーク(蛇)の飼育方法(初心者実践編)

f:id:hebilist:20171112130823j:plain

コーンスネークを飼い始めてまだ4ヶ月ですが、実際の飼育方法を紹介したいと思います。

 

蛇のお家

ケージ

ケージはプラケースの40×20ぐらいのものを使っています。フラットのもので、高さは低めです。写真には4つありますが、3つしか使っていません。

 

シェルター

1つのケージの中にウェットシェルターを二つ入れています。蛇がまだベビーなので、1つのケージで2~3匹入れています。

1ケージに2つのシェルター、ベビーを3匹入れてても、シェルターを取ってみると結果はこのようになります。

f:id:hebilist:20171112131646j:plain

 

ヒーター

ケージの下に引くヒーターは温度調整ができるマルチパネルヒーターを使っており、35度に設定しています。ヒーターの上の部分は、30~32度になります。

一番上の写真通り、シェルターの半分がヒーターに乗るようにしているので、シェルターの水の減りが激しいように思います。

 

 アルミシート

ヒーターの下に100均のアルミシートを引いていますが、効果があるかはわかりません(笑) まぁヒーターやケージが置きやすくはなっています。

 

ラック

90×45×178このサイズが需要があるのか、一番安いサイズですね。ラックに置くことで見栄えがよくなります。

 

 

その他の道具

冷暖房

冷房が必要な時は28度でつけっぱなしで、今の季節は暖房なので、20度でつけっぱなしです。

 

餌やりピンセット

f:id:hebilist:20171112133606j:plain

普通にやるときのピンセットは竹のピンセットです。

ベビー達はこのピンセットを見ると、先のほうをペロペロします。

 

強制道具

f:id:hebilist:20171112134052j:plain

強制給餌しないといけない子用の道具です。

ハサミでピンクマウスを切り、WOWOWのテレホンカードで口を開かせピンセットで押し込んでいます。

そしてWOWOWのテレカでまだ電話できます!

 

餌解凍用

f:id:hebilist:20171112134413j:plain

ピンクマウスをジップロックに入れ、それを鍋の中に入れてお湯を注ぎ小皿を被せます。待つこと7分ほど(お湯の温度による)。ほくほくのピンクマウスが出来上がります。

 

うんこキャッチャー

f:id:hebilist:20171112134710j:plain

紙コップを真っ二つに切り、口のクルクルしたところを伸ばしたものになります。

ベビーをケージから出しているとうんこをするので、うんこしそうになったらお尻の下にこれを引いて、床を汚さないようにします。

 最近は、うんこ広場と呼ぶ別のケージに入れてうんこをさせています。

f:id:hebilist:20171112135212j:plain

この中に一斉に入れると、ベビーがうんこまみれになることがあるので、洗面器で洗ってやる必要がでてきます。

蛇たちは自分の縄張りを汚すことが嫌なのか、普段のケージ内でうんこをすることはあまりありません。普段のケージ内でする場合も、自分の入るシェルターとは逆のシェルターの後ろの方でうんこをしています。

 

餌の頻度

 イベントで個体を購入した際、餌は4~5日に一度という紙を貰うと思います。ショップで購入した時は、3日に1度餌をやっているなどショップによっても違い、どれぐらいの頻度で餌をやればいいのかわからないと思います。

これは個体によっても変わってくると思いますが、どちらかというと飼い主によって変わる気がします。なので、飼い主がある程度ペースを決めてしまってよいのではないでしょうか?

餌のサイズも、買う店によって違ったりします。A店のSサイズはB店のMサイズぐらいあったりすることもありました。明らかに大きさが違い、重さも違いました。

 

そして家では以下のようにしています。

かなり小さいベビー: ピンクマウスSの中でも小さいサイズを2日に1回、1匹

体長45cmぐらいまで: ピンクマウスS 2~3グラムを2日に1回、1匹

45~60cmぐらいまで: ピンクマウスM 3~4グラムを2日に1回、1匹

60~70cmぐらいまで: ピンクマウスL 4~5グラムを2日に1回、1匹

 

70cm以降はまだいないですが、ファジー9~10グラムになった場合は、4日に1回、1匹にしようと思っています。

ピンクマウスLを食べているベビーは、3日に1回1匹にしていたのですが、便が小便ばかりになっていたり、体重が2週間で全然増えていないので、2日に1回に戻しました。するとちゃんと大便もでるようになりました。

SサイズからLサイズは重さ等が倍になっているので、3日に1回でいいかと思っていましたが、身体もSサイズの時より大きくなっているので、3日に1回1匹では少ないと判断しました。

ファジーはLの倍の重さがあり、Lを食べていた時の個体の大きさと変わらない時からサイズアップするので、4日に1回でいいかと思っています。実際あたえてみてから、また変わるかもしれません。

 

家に来て4ヶ月、生まれて丁度半年ほどになるベビーは、(琥珀)脱皮の皮が66cm、体重60gと(神楽)67.5cm、60gです。

 

給餌頻度考察

 ショップやイベントで販売するブリーダーなどは、個体をあまり大きくしてしまうと売れないかもしれないので、餌をあまり与えないのでは?などと妄想しています。

 餌をあまり与えない方が長生きするというのもあるとは思いますが、人間でも成長期に食べないと大きくならずに成長が終わってしまいますね。

 餌の与えすぎを気にするのは生後1年~1年半ぐらいからでいいでしょうか?

 

また長生きさせるのが全てでもないと思っています。餌を制限すれば15年生きるのに、ベビーの時に餌を与えすぎて10年で落ちたとしても、何が蛇にとって幸せかはわかりません。毎日腹減り状態で15年生きるか、毎日を満足して10年生きるか、どちらがいいか言葉が通じない以上、誰にもわかりませんね。

人間でも同じようなことが言えると思います。お金がないのに長生きするのは結構苦しいことだと思います。将来のためにやりたいこともせず、貯金だけしてロボットのように働く、それが全ての人間にとって幸せかというと、個人の思想によって違うと思います。

 

ブログを書いているとよく脱線してしまいます(笑)このままだと人間選別やユダヤの話まで脱線してしまいそうなので、まぁ餌の頻度は、ある程度飼い主やその家が決めたらいいんじゃナイデスカ? 

 

おしまい