蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

コーンスネーク(紫苑)ラベンダー系は難しい?

f:id:hebilist:20171022103930j:plain

写真の紫苑の性格はと言うと、かなりの臆病者です。そして身体能力が高いように思えます。

 

 

ケージの蓋の角に丸まって隠れていたり、窓の上の桟の角に落ちないよう身体を上手にはめ込んでいたり、ラックのタイヤに入り込んでいたりもしました。

f:id:hebilist:20171022113330j:plain

その姿は毎回、まるで忍者のようでした。

 

臆病なところ

紫苑の臆病なところは、他のベビーと比べ比較的に手を警戒、怖がっていました。ケージから出すと、すぐに隠れられるところへサーッと行ってしまいます。

そして餌は置き餌で、人が見ていないところでないと食べません。同じ部屋に人がいる時は食べようとしません。部屋の電気を消し、人間は別の部屋へ移動、それで30分後ぐらいに確認しに行くと、食べていたりします。

 

吐き戻し

コーンスネークを飼い始めて、初めて吐き戻しを見ました。吐き戻し第一号も紫苑です(笑)餌を食べてから、一日半後ぐらい(早朝)に吐き戻していました。温度かとも思ったのですが、ヒーターの上は32度前後、シェルター内は26~27度ぐらいで、他のベビーは吐き戻ししません。やはりストレスが原因かと思います。吐き戻すと1週間空けろと本にも書いていましたが、家に来たときから皮がたるんでガリガリでやばいのではないかと思い、吐き戻し後から5日後に置き餌をしました。するとすぐに食べたようです。

その後、吐き戻すことはなくなったのですが、なんせ食べてなかったのでガリガリ(笑)強制しないといけない黒夢(くろむ)より心配でした。今では2日に1回餌を食べ、しっかり消化しています。身体も張りがでてきました。

 

ラベンダー系

個体差なのか遺伝子なのかわかりませんが、紫苑に関しては、慣れさせるのが少し難しかったです。紫苑はアマレットという種類で、ラベンダーの血が流れています。このラベンダーというのが、臆病な子が多いと言われているようです。

確かに今までのベビーとは違う臆病さでした。そして警戒からか、家に来て数日は身体がツンッとした臭いがしており、便のほうも臭かったです。しかし今は身体の臭いも便の臭いもしなくなりました。ようやく安心したのでしょうか?

そして紫苑はあまり人に触られていなかったのだと思います。家にいる他のベビー、琥珀などであれば、家に来た時から人に触られて慣れている感じでした。

 

吐き戻ししてからの初めての給餌前には、人間に慣れていないのが問題だと思って、ベッドで放して少し添い寝のような感じにしました。思い過ごしかもしれませんが、ベッドに連れて行って人と触れ合うことは、蛇が人に慣れる度合いが大きいように思います。多分思い過ごしですね(笑)しかし蛇は布団系が好きな気がします。

 

ラベンダー系は難しいな~と思っていましたが、やはり人と蛇の触れ合いでだいぶ変わるように思います。今では服の中に入ってきたり、明らかに逃げることがなくなりました。しかしまだ、餌だけは置き餌でしか食べません(笑)

他のベビーに比べるとまだ心配で、難しいところがありますが、手の掛かる子ほど可愛いというのは本当で、育てがいがありますね。

 

 

 余談

紫苑はコーンスネークの有名な販売者のところで購入しました。多分♂との表記がされていて、慣れてきたのでポッピングをしてみたところ、間違いなく♂でした。

黒夢は♂と言われていましたが、♀っぽい予感がしていてポッピングしてみたところ、やはり♀でした。

 

ポッピングはしばらくやっていないとコツを忘れてしまいますが、以下の動画がかなり参考になります。総排泄腔から近すぎても遠すぎても出ませんね。

 

www.youtube.com