蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

恐ろしい看護師と日本のヒエラルキー、世の中は金?

30代半ばにもなると、それまでとは違って身体の色々なところに影響がでてきたりしています。もちろん個人差があると思いますが、老化が始まってきているのでしょうか。

最近複合的に症状がでてきてしまいました。そしてほとんどいくことのなかった病院へ行ってきた時のお話しです。

 

症状

病院へ行くのも、評価が良い所が良いのだと思って、検索してGoogleの口コミの評価の高いのを選び、メガバンクと同じ名前のところにしました。 

病院に行くと、どこの科に行くかを自分ではわからなかったので、症状を全て伝えました。症状が多かったせいか、受付意外に看護師に聞いてもらうことになりました。

看護師が即断したのは「精神科」どうやらストレスが原因で色々な症状がでていると判断したようです。

ストレスが多いのは確かですが、全ての症状がストレスで起きているわけないと思った私は、すぐに精神科に行くとは言いませんでした。

どういった症状かというと、1つは夜寝ると、大体4時間ぐらいたって喉がカラカラになって目が覚めたり、身体の一部が痛くなって目が覚め、そこからしばらく寝れないという状態が続いています。それに関連して、まともに寝れないため眼精疲労が回復せず、目の痛みから頭痛、吐き気まで引き起こしています。

 

占い師のような看護師

その症状を伝えても、とりあえず精神科へ行くことを進められました。色々ヒアリングされたのですが、看護師が「こうでしょ」と言うことが全く当たっていませんでした。

例えば、最近体重が増えたということを言うと、「ストレスで食べる量が増えたでしょ」「食べる量が増えないと体重は増えない」というのですが、全く食べる量は増えていません。どちらかというと少し減りました。同じ量を食べても、代謝が悪くなれば体重が増えるということをなぜ知らないんだ・・・。

他にも色々決め付けて言われるのですが、全く当たらずでした。看護師というより、当たらない占い師のようでした。そもそも医者でもないのに、身体を見てもいないのに判断するなよと言いたいです。

症状から、糖尿病や関節リウマチ、睡眠時無呼吸症候群ドライマウス、その他ネットで調べても色々当てはまるものがあるのに、なぜ精神科行きなのかが不思議でした。私が見るからにおかしかったのかもしれませんね(笑)

 

ヒエラルキー

 でなぜか精神科へ送りたがる看護師、というよりも雰囲気的には「別の病院へ行け」という感じでした。精神科にしても、他の小さな精神科へ行ったほうがいいと勧められ、とりあえず小さな病院へいくことを勧められました。「予約もしてないし、うちへの紹介状も書いてもらえないでしょ」と言われました。最近は病院へ行くには予約が必要だったとは知りませんでした。病院へいくことが少ないので・・・。

また「会社にはドクターはいるの?」など聞かれ、「いや、いません」と答えると「それじゃあダメですね~」と、大手のような大きな会社に所属しているか、明らかな金持ちじゃないと見てもらえないのか?と思いました。

確かにそこの病院と同じ名前のメガバンクや系列銀行にお金を一切入れていませんが・・・。そこで判断されているのか?など頭によぎったりもしました。え?そんな風に思ってしまうことが、精神科行きだって?笑

しかし明らかに過去に行った病院とは雰囲気が違う。確かに立派過ぎる病院でした。

 

お腹が空いてた?

最終的には、看護師が「ネットで調べればいっぱい病院があるから」「受け時間を過ぎて来られていますし」と言われ、「ああここはダメだ」と思いました。確かにその時時計を見ると、少しだけ受付時間は過ぎていました。しかし!その時受付時間が過ぎていたのは、受付での話しが長すぎたから過ぎただけであって、受け付けてもらった時は全然受付時間でした。

看護師の口の臭いからすると、ご飯を食べていない臭い。「ああ、この人はお腹が空いているんだ」と私も決め付け別の病院へ行くことに。

別の病院へ足を運ぶも初回診察は終了しており、もう聞くのも怖いわと思って結局診察を受けず帰りました。

 

会社へ

その後、会社へ行きました。会社で上司にそのことを話すと、たまたまその病院に医師として勤めていた友人がいる上司。その友人が昔言っていた話しでは、その病院は金しか見ていなく、人間が●だそうです。ようは、私が場違いの病院に行っていたという話になります(笑)

f:id:hebilist:20171021072120j:plain

日本のヒエラルキーです。

Aの階層にいない者は、Aの階層の病院で見てもらうことすらできません。 

年収○○○○万以下はゴミだと言う層には相手にされないのです。

最近、世の中は金持ちを中心に動いているということにようやく気づき始めました(遅)

お金の力はやっぱり凄いですよね。やはりお金は稼がないといけません。

 

結局薬局

結局病院での診断はなしで、一時的に薬局でビタミン剤を購入しました。これが本当の結局薬局というやつです。

 30代半ば、身体の調子が崩れ始める年齢なんでしょうか?皆さんもお身体にお気をつけくださいませ。