蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

男のフィールドにいる女性は責任感に欠ける?

タイトルの意味がわかりにくいと思いますが、どういうことかというと、IT業界のエンジニアという職業は男主体の職業ですが、中には少数ですが、女性エンジニアもいたりします。そういった男のフィールドである職業についている女性は、無責任な人が多いということです。他の職業に当てはまるかは全く不明ですが。

 

私がそう思ったのも、色々なところで女性のケツ拭きを4回させられています。

実際どういうことかというと、女性が設計したりプログラムを書いたりした後、整合性がとれずやり直しになったり、バグだらけで使い物にならなかったりで、全て引き取ってまともな状態にしないといけないことがよくあります。

 

そしてなぜかそういう女性達に限って、開き直って強気な姿勢を取ります。

「ぶっ殺すぞ!」最近アイデンティティ野沢雅子ハマってます(笑)

 

私の経験を話しますと、クエリで全件取って、配列でグルグル回して集計しているおばさんがいました。件数増えてきたら動くわけねぇだろ!SQLに集計関数がなんのためにあると思ってんだ?

やり直すためにコミュニケーションを取ると、「何が知りたいの?」とか強きな姿勢・・・。自分の失敗を他人にやり直してもらうのになぜ頭を下げられないんだ・・・。

 

他にも、デザインがダサすぎてStyleをやり直さないといけなくなった女子、私はもう関係ありませんという態度、lessの組み方がグチャグチャになってって本人はもう手もつけられない状態でした。仕様にも口を挟んでそれを通し、無茶苦茶なことを言ってたにも関わらず後は知らんという極悪さ。

 

適当な資料を作成し、引継ぎ最終日に「あっこれ間違ってる・・・。ごめんなさい!後はお願いします」と言って去っていたRubyist

 

絶対に確認もしていないと思われるプログラム、絶対にある処理に入るわけがないプログラムを残し、全てのバグフィックスは完了していると言っていたチビクロちゃん。私がバグを指摘してから、私を見るとツンとした態度で反省なし。

 

これらの女性に共通していたことは、能力がないのに強気ということです。

私はエンジニアをしてまだ10年ちょいですが、キャリアなんて正直関係ないと思っています。何年やってるかなんて関係なく、全ては結果をだせるかどうかの能力のみ!自分の担当すらまともにこなせないような奴が強気にでるなと言いたいです。

これは他のことにも言えることだと思います。ただ単に所属してるだけで何もできなかったり、判別もまともにできない、管理もできないのにその肩書きを名乗ってるなんちゃってさんたち。

 

そしてこれらの経験で反省したこと、それは、男のフィールドにいる女性を同じ目線で見てはいけないということです。女の子として見てあげなければいけません。女の子は体調を管理するのがとても難しい生き物です。そう思えば、無責任なことも少しは許せるかもしれません。