蛇使いの日常

コーンスネークを飼っているPythonエンジニアの日常や技術のことなど

爬虫類市場2017年冬に行ってきたので個体紹介

f:id:hebilist:20171211152601j:plain

大阪の大正で開催されていた爬虫類市場というイベントに行ってきました。

もちろん今回も会場の写真はありません(笑)撮るのが面倒臭いですw

 

混み具合

会場が狭すぎたため、かなり混んでいました。入れるのか心配でしたが、3分ぐらいで入ることができました。早い時間帯は、入場制限で全然入れなかったそうです。

中に入ってからも人がいっぱいでしたが、ブースとお目当てのコーンスネークの個体自体は結構少なかったです。

予想では、トータルで1300人ぐらいは来場していたんではないでしょうか。

 

個体の値段

見て回る頃には、あまりコーンがいなかったのでなんとも言えませんが、お目当ての個体はブラックアウトの時より安くなっていました。

 

 

個体の紹介

f:id:hebilist:20171211152250j:plain

一番上の画像のアネリリバースストライプの♀を一匹だけ購入しました。

ブラックアウト大阪で目をつけていたのですが、時雨を購入したので見送った子です。

時雨を購入したブースでまた購入しました。爬虫類市場に行く前からこの子が目当てでした。悪く言えば売れ残り(笑)しかしまだ誰にも買われず残っていたという運命!まぁ誰も買わないと思っていましたが。

名前は、紅麗(くれい)と名付けました。灰色のグレーから(くれい)に。ヘテロにハイポを持っているせいか、胴体の上半分は少し赤みがかっています。そして綺麗なストライプなので、紅麗という漢字にしました。

個体に合った名前を付けるのは大変ですね。12時間掛かりました・・・。

 

f:id:hebilist:20171211154943j:plain

時雨もそうでしたが、紅麗を購入したブースの個体はとても良いです。

何が良いのかというと、ちゃんと人の手が入れられているように思えます。

初日もハンドリングを余裕でできる慣れ具合、餌もすぐ食べ消化も早いです。

普通は、お迎え日に餌を与えるのは良くないと思いますが、慣れ具合と水のガブ飲み具合から、お迎え日にマウスを与えました。今朝見ると、吐き戻しはなくお腹は元通りでとても優秀です。

 

紅麗は時雨と再開し

紅麗「あんたもここ来てたんや~。」

 

時雨「うん。ここなかなか居心地ええで~。」

のような意思疎通をしていたと思います。

 

今年最後のイベントが終わって

今年の7月からショップやイベントに行って、爬虫類デビューしました。

今はコーンスネークが8匹になっています。まさかこんなに増えるとは思っていませんでした。また来年も増やしてしまいそうですね。

もうラックがいっぱいいっぱいですが・・・。

 

デイリーズトータル1 (アルコン)を使ってみた感想

f:id:hebilist:20171203112948j:plain

現在最強と言われるアルコンの一日使い捨てコンタクトレンズ「デイリーズトータル1」を買ってみました。

早速使ってみたので感想を書きます。

 

レンズの付け心地

レンズを付けると、「あれっ!?」って思うほど、コンタクトを付けている感じがしませんでした。目と一体化しているような感じです。

 

あまり乾かないかも

レンズをつけて、最初だけ普段どおりロートドライエイドをさしましたが、それ以降はささず8時間装着しました。ワンデーアキュビューTrueEyeの場合だと、3時間に1度は目薬をさしていましたが、トータル1の場合はそれほど目薬を必要としませんでした。

 

レンズを外した時

レンズを外すとレンズはプルプルしたままでした。TrueEyeの場合だともはやビニールでしたが、トータル1は水分がしっかり残っている感じです。

 

悪いところ

たまにレンズがずれているような気がします。自分にBC8.5というのが合っていないのでしょうか?

 

コンタクトでPC

トータル1ならコンタクトでPCを10時間できるのではと思いましたが、ん~やはり無理そうな気がします。できることはできるでしょうが、やはりコンタクトを外した時の裸眼と付けている時では、全然爽快感が違いますね。

コンタクトでモニターを見続けている人も結構いますが、凄いの一言です。私もチャレンジしてみましたが、やっぱりメガネの方が楽です。

 

まとめ

値段が安くなっておらず高いというデメリットはありますが、一日使い捨てコンタクトの中ではトータル1が現状最強だと思います。

ワンデーでなければ、エアオプティクスEXアクアがかなり良く、コスパと付けた感じの持続性でいうとトータルワンより上ですが、家帰ってレンズのこすり洗いなどしてられないぐらいフラフラの時は、取り外してすぐに捨てたいですね。

コンタクトレンズはもっと進化して欲しいものです。

 

コーンスネーク(夜叉女)の家出と多頭飼いの危険性と冬の給餌間隔

f:id:hebilist:20171126163552j:plain

 やんちゃ娘の夜叉女(やしゃめ)が、6日間ほど脱走していました。

ケージの蓋もちゃんと閉めていたはずなのに、ケージを開けシェルターを取るといませんでした。以前もちゃんと閉めていたのに、夜叉女だけ外に出ているということがありました。

脱走していた期間、部屋中を探しまくり、冷蔵庫やタンス、全ての家電、家具を調べましたが、一向に見つかりませんでした。

 

初日と2日目はあっちこっち探すも、ゴミと一緒に捨てたのでは?と思い絶望的に。3日目ぐらいに靴箱の中で、う○こと吐き戻しを発見し希望が少しありました。4日目5日目と家の色々な隙間まで探しましたが、見つからずもういないと諦めていました。

そして脱走から6日目 、会社の飲み会から帰った私に相方から嬉しいお知らせ。

 

生きててよかった~。

しかしどうやって脱走したのかも、どこに隠れていたのかも不明です。見つけた場所は何度も探した場所にたまたまその時いたようです。

 

吐き戻しは寒かったから吐いたのだと思います。暖房は21度設定なので、靴箱の中は消化できる温度ではなかったはずです。

 

無事帰ってきて、餌も小さ目を与え今は元気にしています。

 

多頭飼いの危険性

1ケージでベビーを大体2匹入れて飼っていましたが、この飼育方法は冬だと危険だと思いました。夜叉女もそうなのですが、1ケージに2つシェルターを入れていても、1つのシェルターに入ってしまうため、ヒーターの上に身体を置けるベビーは1匹になってしまいます。

どういうことかというと、シェルターの半分がヒーターの上に乗るようにしていますが、大体1匹がヒーターの上とヒーターのないところに半分半分使っており、そのベビーの上にもう一匹が上から乗っかるような形でシェルターに入っています。

ヒーターに当たれない上のベビーはお腹が温かくならないため、消化が遅いです。

それのせいで、いつも上にいるベビーは下にいるベビーよりも消化が遅れ、餌を同じように与えていては与えすぎになってしまいます。

 

そこに気づかず、琥珀に神楽と同じペースで餌を与えていたのですが、琥珀だけ長さよりも横に太りました。そしてある日、大量に茶色い下痢をしてしまいました。メスはオスより太いっぽいようなことが本に書かれていたので、琥珀の太さを気にしていなかったのですが、どうやら消化が追いついていないのに、餌を与えすぎていたようです。大量の茶色い下痢をしてからは、お腹も引き締まり、普段どおりのう○こに戻りました。

 

冬の給餌間隔

今は餌を与える頻度に気をつけていますが、餌の大きさが変わったから給餌の間隔を変えるのではなく、その個体にあった餌のやり方をしないといけないということが良くわかりました。

同じように食べていても、ヒーターにちゃんと当たっているかや、ラックの上と下でも温度が違うため、個体単位で給餌の間隔を変えないといけないということがよく分かりました。

 

夏は冷房だけつけて入れば、特に何も気にせず元気に育っていてくれましたが、冬は色々気をつけないと危なそうです。

いっそのことパネルヒーターをやめ、暖房を25度にしようとしましたが、少し動くだけで人間側が暑すぎてやめました(笑)25度だと電気代もそこそこ食うと思いますが、それよりも普段の生活が快適でないと本末転倒ですからね。人間と蛇が共に快適な共存できる環境にうまく落しこむことが大切かと思います。

 

まとめ

今は1ケージでの多頭飼いはやめ、1ケージに1匹しか入れないようにしています。

この2週間で色々あって、とても勉強になりました。

 

・冬は夏と同じ間隔で餌を与えるのは考えないといけない。

・温度が重要で、個体の状態を見て個体に合った餌のやり方をしないといけない。

・普段すぐ餌に食らいつく個体が、なかなか食べなかったら与えるのを辞めたほうが良い。

・夜叉女はケージが閉まっていてもテレポーテーションが使える。

・休日に京都の観光地に行くものではない!

 

 

コーンスネーク(蛇)の飼育方法(初心者実践編)

f:id:hebilist:20171112130823j:plain

コーンスネークを飼い始めてまだ4ヶ月ですが、実際の飼育方法を紹介したいと思います。

 

蛇のお家

ケージ

ケージはプラケースの40×20ぐらいのものを使っています。フラットのもので、高さは低めです。写真には4つありますが、3つしか使っていません。

 

シェルター

1つのケージの中にウェットシェルターを二つ入れています。蛇がまだベビーなので、1つのケージで2~3匹入れています。

1ケージに2つのシェルター、ベビーを3匹入れてても、シェルターを取ってみると結果はこのようになります。

f:id:hebilist:20171112131646j:plain

 

ヒーター

ケージの下に引くヒーターは温度調整ができるマルチパネルヒーターを使っており、35度に設定しています。ヒーターの上の部分は、30~32度になります。

一番上の写真通り、シェルターの半分がヒーターに乗るようにしているので、シェルターの水の減りが激しいように思います。

 

 アルミシート

ヒーターの下に100均のアルミシートを引いていますが、効果があるかはわかりません(笑) まぁヒーターやケージが置きやすくはなっています。

 

ラック

90×45×178このサイズが需要があるのか、一番安いサイズですね。ラックに置くことで見栄えがよくなります。

 

 

その他の道具

冷暖房

冷房が必要な時は28度でつけっぱなしで、今の季節は暖房なので、20度でつけっぱなしです。

 

餌やりピンセット

f:id:hebilist:20171112133606j:plain

普通にやるときのピンセットは竹のピンセットです。

ベビー達はこのピンセットを見ると、先のほうをペロペロします。

 

強制道具

f:id:hebilist:20171112134052j:plain

強制給餌しないといけない子用の道具です。

ハサミでピンクマウスを切り、WOWOWのテレホンカードで口を開かせピンセットで押し込んでいます。

そしてWOWOWのテレカでまだ電話できます!

 

餌解凍用

f:id:hebilist:20171112134413j:plain

ピンクマウスをジップロックに入れ、それを鍋の中に入れてお湯を注ぎ小皿を被せます。待つこと7分ほど(お湯の温度による)。ほくほくのピンクマウスが出来上がります。

 

うんこキャッチャー

f:id:hebilist:20171112134710j:plain

紙コップを真っ二つに切り、口のクルクルしたところを伸ばしたものになります。

ベビーをケージから出しているとうんこをするので、うんこしそうになったらお尻の下にこれを引いて、床を汚さないようにします。

 最近は、うんこ広場と呼ぶ別のケージに入れてうんこをさせています。

f:id:hebilist:20171112135212j:plain

この中に一斉に入れると、ベビーがうんこまみれになることがあるので、洗面器で洗ってやる必要がでてきます。

蛇たちは自分の縄張りを汚すことが嫌なのか、普段のケージ内でうんこをすることはあまりありません。普段のケージ内でする場合も、自分の入るシェルターとは逆のシェルターの後ろの方でうんこをしています。

 

餌の頻度

 イベントで個体を購入した際、餌は4~5日に一度という紙を貰うと思います。ショップで購入した時は、3日に1度餌をやっているなどショップによっても違い、どれぐらいの頻度で餌をやればいいのかわからないと思います。

これは個体によっても変わってくると思いますが、どちらかというと飼い主によって変わる気がします。なので、飼い主がある程度ペースを決めてしまってよいのではないでしょうか?

餌のサイズも、買う店によって違ったりします。A店のSサイズはB店のMサイズぐらいあったりすることもありました。明らかに大きさが違い、重さも違いました。

 

そして家では以下のようにしています。

かなり小さいベビー: ピンクマウスSの中でも小さいサイズを2日に1回、1匹

体長45cmぐらいまで: ピンクマウスS 2~3グラムを2日に1回、1匹

45~60cmぐらいまで: ピンクマウスM 3~4グラムを2日に1回、1匹

60~70cmぐらいまで: ピンクマウスL 4~5グラムを2日に1回、1匹

 

70cm以降はまだいないですが、ファジー9~10グラムになった場合は、4日に1回、1匹にしようと思っています。

ピンクマウスLを食べているベビーは、3日に1回1匹にしていたのですが、便が小便ばかりになっていたり、体重が2週間で全然増えていないので、2日に1回に戻しました。するとちゃんと大便もでるようになりました。

SサイズからLサイズは重さ等が倍になっているので、3日に1回でいいかと思っていましたが、身体もSサイズの時より大きくなっているので、3日に1回1匹では少ないと判断しました。

ファジーはLの倍の重さがあり、Lを食べていた時の個体の大きさと変わらない時からサイズアップするので、4日に1回でいいかと思っています。実際あたえてみてから、また変わるかもしれません。

 

家に来て4ヶ月、生まれて丁度半年ほどになるベビーは、(琥珀)脱皮の皮が66cm、体重60gと(神楽)67.5cm、60gです。

 

給餌頻度考察

 ショップやイベントで販売するブリーダーなどは、個体をあまり大きくしてしまうと売れないかもしれないので、餌をあまり与えないのでは?などと妄想しています。

 餌をあまり与えない方が長生きするというのもあるとは思いますが、人間でも成長期に食べないと大きくならずに成長が終わってしまいますね。

 餌の与えすぎを気にするのは生後1年~1年半ぐらいからでいいでしょうか?

 

また長生きさせるのが全てでもないと思っています。餌を制限すれば15年生きるのに、ベビーの時に餌を与えすぎて10年で落ちたとしても、何が蛇にとって幸せかはわかりません。毎日腹減り状態で15年生きるか、毎日を満足して10年生きるか、どちらがいいか言葉が通じない以上、誰にもわかりませんね。

人間でも同じようなことが言えると思います。お金がないのに長生きするのは結構苦しいことだと思います。将来のためにやりたいこともせず、貯金だけしてロボットのように働く、それが全ての人間にとって幸せかというと、個人の思想によって違うと思います。

 

ブログを書いているとよく脱線してしまいます(笑)このままだと人間選別やユダヤの話まで脱線してしまいそうなので、まぁ餌の頻度は、ある程度飼い主やその家が決めたらいいんじゃナイデスカ? 

 

おしまい

ブラックアウト大阪2017に行ってきた感想と生体紹介

f:id:hebilist:20171104120636j:plain

大阪城見ホールで開催されたブラックアウト大阪に行ってきました。

はい。会場の写真はありません(笑)

 

会場の中は歪なスペースで狭い感じでした。早い時間はかなりの混雑具合だったらしいですが、今回あまり買う気がなかったので遅めに行きました。すると混んでいたのは混んでいたのですが、イライラするほど混んではなかったです。マナーも大阪なのに悪くはない(笑)やはり時間帯は重要ですね。

 

コーンスネークの相場

会場全体を回ってみて、値段は普通だったり安かったりでした。アネリやアメラニが3000円や4000円で売られてはおらず、8000円ぐらいからでしたが、スノー系は以前に行ったイベントよりも安かったと思います。そして種類はかなり豊富でした。

ブラックアウトというイベントはショップがブースを出しているところがほとんどだと思います。「ショップがこの値段か」というのは結構安いイメージを受けますね。

 

生体紹介

f:id:hebilist:20171104122526j:plain

最初の画像と同じですが、この子を1匹だけ買いました。名前は時雨(しぐれ)と名づけました。なぜ時雨かというと、イベントに行く前から、次に飼う子はラベンダーのメスで時雨と名づけようと思っていたからです。

たまたま一匹だけ安いラベンダーがいました。そして生で生粋のラベンダーを見たことなかったので、本当にこれがラベンダー?ってメッチャ疑っていました(笑)家にはラベンダー系のアマレット(紫苑)がいるのですが、目の淵が白くなく大きな目に見えるのがラベンダーの特徴だと思っていました。

店の人を信用して購入を決意。Twitterでもこの種類は何かと聞いたら、ラベンダーだと即答してもらえたので、たぶんラベンダーなんだと思います!

 

時雨

時雨はかなり小さいです。拒食の黒夢(くろむ)がうちに来たときより体重が軽いです。なんと体重は5gで全長20cmぐらいです。

もしかして拒食なのか?と思いましたが、ブースの方は並べてる子全て餌付いていると言っていました。こんな小さな身体でマウスを飲み込めるのかとても心配でした。

しかしショップの人は嘘をつきません。お昼に丸々ピンクマウスをピンセットから与えてみると、待ってましたと言わんばかりに食いつき食べました。優秀!

f:id:hebilist:20171104124448j:plain

生まれたてぐらいのサイズで、餌を切らずに食べれるというのを体験できてよかったです。

 

ショップという信用性

やはりショップのブースから買うというのは、信用性があっていいですね。何かあれば店に連絡できますし、店側も店の顔があるので下手な販売はできません。

 

少し話が脱線しますが、信用性というものはITの世界でもかなり重要です。

どんなに技術が高かろうが、個人事業主にシステムを任せて逃げられたら・・・というのがあるので、金額が高くても企業に任せますね。個人が企業化せずに企業から直受けの仕事をとるのは、結構難しいなと昔フリーランスをしていた時に実感しました(スーパープログラマーは除く)。要は責任から逃れられない立場にならないと、信頼性はあっても信用性は低いということです。

 

最後に

今回ブラックアウトに行って、欲しかったラベンダーのメスも買えとても満足です。

これでコーンスネークは7匹になりました。あとは増やすよりも、今いる子たちを無事大きくするということに専念します。

ありがとうブラックアウト!

 

コーンスネーク(紫苑)ラベンダー系は難しい?

f:id:hebilist:20171022103930j:plain

写真の紫苑の性格はと言うと、かなりの臆病者です。そして身体能力が高いように思えます。

 

 

ケージの蓋の角に丸まって隠れていたり、窓の上の桟の角に落ちないよう身体を上手にはめ込んでいたり、ラックのタイヤに入り込んでいたりもしました。

f:id:hebilist:20171022113330j:plain

その姿は毎回、まるで忍者のようでした。

 

臆病なところ

紫苑の臆病なところは、他のベビーと比べ比較的に手を警戒、怖がっていました。ケージから出すと、すぐに隠れられるところへサーッと行ってしまいます。

そして餌は置き餌で、人が見ていないところでないと食べません。同じ部屋に人がいる時は食べようとしません。部屋の電気を消し、人間は別の部屋へ移動、それで30分後ぐらいに確認しに行くと、食べていたりします。

 

吐き戻し

コーンスネークを飼い始めて、初めて吐き戻しを見ました。吐き戻し第一号も紫苑です(笑)餌を食べてから、一日半後ぐらい(早朝)に吐き戻していました。温度かとも思ったのですが、ヒーターの上は32度前後、シェルター内は26~27度ぐらいで、他のベビーは吐き戻ししません。やはりストレスが原因かと思います。吐き戻すと1週間空けろと本にも書いていましたが、家に来たときから皮がたるんでガリガリでやばいのではないかと思い、吐き戻し後から5日後に置き餌をしました。するとすぐに食べたようです。

その後、吐き戻すことはなくなったのですが、なんせ食べてなかったのでガリガリ(笑)強制しないといけない黒夢(くろむ)より心配でした。今では2日に1回餌を食べ、しっかり消化しています。身体も張りがでてきました。

 

ラベンダー系

個体差なのか遺伝子なのかわかりませんが、紫苑に関しては、慣れさせるのが少し難しかったです。紫苑はアマレットという種類で、ラベンダーの血が流れています。このラベンダーというのが、臆病な子が多いと言われているようです。

確かに今までのベビーとは違う臆病さでした。そして警戒からか、家に来て数日は身体がツンッとした臭いがしており、便のほうも臭かったです。しかし今は身体の臭いも便の臭いもしなくなりました。ようやく安心したのでしょうか?

そして紫苑はあまり人に触られていなかったのだと思います。家にいる他のベビー、琥珀などであれば、家に来た時から人に触られて慣れている感じでした。

 

吐き戻ししてからの初めての給餌前には、人間に慣れていないのが問題だと思って、ベッドで放して少し添い寝のような感じにしました。思い過ごしかもしれませんが、ベッドに連れて行って人と触れ合うことは、蛇が人に慣れる度合いが大きいように思います。多分思い過ごしですね(笑)しかし蛇は布団系が好きな気がします。

 

ラベンダー系は難しいな~と思っていましたが、やはり人と蛇の触れ合いでだいぶ変わるように思います。今では服の中に入ってきたり、明らかに逃げることがなくなりました。しかしまだ、餌だけは置き餌でしか食べません(笑)

他のベビーに比べるとまだ心配で、難しいところがありますが、手の掛かる子ほど可愛いというのは本当で、育てがいがありますね。

 

 

 余談

紫苑はコーンスネークの有名な販売者のところで購入しました。多分♂との表記がされていて、慣れてきたのでポッピングをしてみたところ、間違いなく♂でした。

黒夢は♂と言われていましたが、♀っぽい予感がしていてポッピングしてみたところ、やはり♀でした。

 

ポッピングはしばらくやっていないとコツを忘れてしまいますが、以下の動画がかなり参考になります。総排泄腔から近すぎても遠すぎても出ませんね。

 

www.youtube.com

 

恐ろしい看護師と日本のヒエラルキー、世の中は金?

30代半ばにもなると、それまでとは違って身体の色々なところに影響がでてきたりしています。もちろん個人差があると思いますが、老化が始まってきているのでしょうか。

最近複合的に症状がでてきてしまいました。そしてほとんどいくことのなかった病院へ行ってきた時のお話しです。

 

症状

病院へ行くのも、評価が良い所が良いのだと思って、検索してGoogleの口コミの評価の高いのを選び、メガバンクと同じ名前のところにしました。 

病院に行くと、どこの科に行くかを自分ではわからなかったので、症状を全て伝えました。症状が多かったせいか、受付意外に看護師に聞いてもらうことになりました。

看護師が即断したのは「精神科」どうやらストレスが原因で色々な症状がでていると判断したようです。

ストレスが多いのは確かですが、全ての症状がストレスで起きているわけないと思った私は、すぐに精神科に行くとは言いませんでした。

どういった症状かというと、1つは夜寝ると、大体4時間ぐらいたって喉がカラカラになって目が覚めたり、身体の一部が痛くなって目が覚め、そこからしばらく寝れないという状態が続いています。それに関連して、まともに寝れないため眼精疲労が回復せず、目の痛みから頭痛、吐き気まで引き起こしています。

 

占い師のような看護師

その症状を伝えても、とりあえず精神科へ行くことを進められました。色々ヒアリングされたのですが、看護師が「こうでしょ」と言うことが全く当たっていませんでした。

例えば、最近体重が増えたということを言うと、「ストレスで食べる量が増えたでしょ」「食べる量が増えないと体重は増えない」というのですが、全く食べる量は増えていません。どちらかというと少し減りました。同じ量を食べても、代謝が悪くなれば体重が増えるということをなぜ知らないんだ・・・。

他にも色々決め付けて言われるのですが、全く当たらずでした。看護師というより、当たらない占い師のようでした。そもそも医者でもないのに、身体を見てもいないのに判断するなよと言いたいです。

症状から、糖尿病や関節リウマチ、睡眠時無呼吸症候群ドライマウス、その他ネットで調べても色々当てはまるものがあるのに、なぜ精神科行きなのかが不思議でした。私が見るからにおかしかったのかもしれませんね(笑)

 

ヒエラルキー

 でなぜか精神科へ送りたがる看護師、というよりも雰囲気的には「別の病院へ行け」という感じでした。精神科にしても、他の小さな精神科へ行ったほうがいいと勧められ、とりあえず小さな病院へいくことを勧められました。「予約もしてないし、うちへの紹介状も書いてもらえないでしょ」と言われました。最近は病院へ行くには予約が必要だったとは知りませんでした。病院へいくことが少ないので・・・。

また「会社にはドクターはいるの?」など聞かれ、「いや、いません」と答えると「それじゃあダメですね~」と、大手のような大きな会社に所属しているか、明らかな金持ちじゃないと見てもらえないのか?と思いました。

確かにそこの病院と同じ名前のメガバンクや系列銀行にお金を一切入れていませんが・・・。そこで判断されているのか?など頭によぎったりもしました。え?そんな風に思ってしまうことが、精神科行きだって?笑

しかし明らかに過去に行った病院とは雰囲気が違う。確かに立派過ぎる病院でした。

 

お腹が空いてた?

最終的には、看護師が「ネットで調べればいっぱい病院があるから」「受け時間を過ぎて来られていますし」と言われ、「ああここはダメだ」と思いました。確かにその時時計を見ると、少しだけ受付時間は過ぎていました。しかし!その時受付時間が過ぎていたのは、受付での話しが長すぎたから過ぎただけであって、受け付けてもらった時は全然受付時間でした。

看護師の口の臭いからすると、ご飯を食べていない臭い。「ああ、この人はお腹が空いているんだ」と私も決め付け別の病院へ行くことに。

別の病院へ足を運ぶも初回診察は終了しており、もう聞くのも怖いわと思って結局診察を受けず帰りました。

 

会社へ

その後、会社へ行きました。会社で上司にそのことを話すと、たまたまその病院に医師として勤めていた友人がいる上司。その友人が昔言っていた話しでは、その病院は金しか見ていなく、人間が●だそうです。ようは、私が場違いの病院に行っていたという話になります(笑)

f:id:hebilist:20171021072120j:plain

日本のヒエラルキーです。

Aの階層にいない者は、Aの階層の病院で見てもらうことすらできません。 

年収○○○○万以下はゴミだと言う層には相手にされないのです。

最近、世の中は金持ちを中心に動いているということにようやく気づき始めました(遅)

お金の力はやっぱり凄いですよね。やはりお金は稼がないといけません。

 

結局薬局

結局病院での診断はなしで、一時的に薬局でビタミン剤を購入しました。これが本当の結局薬局というやつです。

 30代半ば、身体の調子が崩れ始める年齢なんでしょうか?皆さんもお身体にお気をつけくださいませ。